2014年4月7日月曜日

無料メールアドレスとしてMicrosoftアカウントを取得する方法を紹介

 無料で取得できるメールアドレスとしてGmail等がありますが、別の選択肢としてMicrosoftアカウント(無料)を作成することでもメールアドレスを取得可能です。

 取得したメールアドレスは、以下のとおりブラウザ上で使うことが可能です。



また、Gmailと同様にスマートフォンでもメールの参照や送受信も可能です。
 

 
 またMicrosoftアカウントを作っておくことで、メールだけでなく、無料で7GBのクラウドストレージ(OneDrive)やOneDrive内のOfficeファイルをブラウザで参照、編集することも可能になります。




 本記事ではMicrosoftアカウント及びメールアドレスの作成手順、及び取得したメールアドレスのAndroidスマートフォンでの設定方法を紹介します。



■マイクロソフトアカウント作成手順

 Microsoftアカウントのサイトにアクセスし、登録ボタンをクリック。


あとは基本的に画面の指示に従い情報を入力することでMicrosoftアカウントが作成できますが、一点注意事項です。

 Microsoftアカウント作成では、デフォルトでは既に持っているメールアドレスをMicrosoftアカウントとして登録する仕様になっています。新たにメールアドレスを作りたい場合は、[ユーザー名]の箇所の[新しいメールアドレスを作成する]をクリックして下さい。



すると、以下のようにoutlook.jpの任意のメールアドレスを作成できます。
任意のメールアドレス名等必要な情報を入力し、[アカウントの作成]をクリックするとMicrosoftアカウントの作成が完了です。

■PCでのメールの使い方

http://mail.live.com/

にアクセスし、先に作成したMicrosoftアカウントとパスワードを入力し、[サインイン]をクリックします。



するとPCブラウザ上でメールを利用可能です。


■Android端末でのメールの使い方

一番手っ取り早いのは以下の専用アプリを利用する方法です。

Outlook.com
Microsoft + SEVEN
価格:0  平均評価:3.5(290,978 件)


基本的にMicrosoftアカウントでログインするだけで特に設定不要でAndroid端末からメールを利用できます。


なお、任意のメールアプリを利用することも可能ですが、その際はメールサーバなどの設定が必要になる場合があります。メールサーバ等の設定についてはOutlook.com でメール アプリをセットアップする等の記載をを参考にして下さい。


■最後に


 私はこのMicrosoftアカウントのメールアドレスをサブのメールアドレスとして使ってます。またWindows8.1を使う場合にもMicrosoftアカウントがあったほうが便利です。特に費用もかかりませんし、メールアドレス以外にもクラウドストレージやOffice等色々使えますので、Microsoftアカウントの取得を検討してみてください。

Ads by 忍者AdMax