2016年1月30日土曜日

mineo5回線のうち月920円かかっている回線を解約。残りの4回線(12GB)を月224円で維持予定です

以下の記事
knakaガジェット情報: キャンペーン利用でmineo5回線(月15GB)を格安で契約中です

でも紹介したように、現在mineo5回線契約してます。

その中で月920円かかっている回線を解約しましたので、解約手順をメモしておきます。



■mineo解約手順


mineoの解約については、Q&Aのページから行う必要があるようです。

「mineo 解約」等のキーワードで検索すると出てきます。


適当に解約理由を選びます。


「解約の方はこちら」を選択



eoID認証を求められます。


私の場合、mineo5回線契約しているため利用番号が5つ出てきます。
解約したい番号を選択します。



解約理由の入力は必須なので、適当に選択します。


「解約する」ボタンをクリック。



以上で選択したmineo回線の解約が完了です。



解約は即時となり、マイページの利用番号選択時もすぐ「解約」と表示されました。




■残りの4回線(12GB)を月224円で維持予定です


先の記事でも紹介した通り、5回線のうち月920円かかっている回線を解約することで、残りの4回線(12GB)を月224円で維持できることになるはずです。
実際に224円で維持できたかどうかは後日記事にしたいと思います。




2016年1月29日金曜日

ドコモ解約で1,300円分残るドコモポイント。dショッピングでの食料品で消費しました

約2年前に購入したドコモのL-05E。

knakaガジェット情報: Optimus it L-05EをMNP一括7,200円+Xiパケホーダイダブルで月額維持費3円で契約した

この回線がまもなく2年縛りの終了時期を迎え解約(あるいはMNP)予定なので、ドコモ回線契約が2月中になくなる予定です。

先日始まったdポイントだとドコモ回線契約がなくなってもポイントが使えるようなのですが、従来のドコモポイントは従来通り回線契約終了後は使えなくなるようです。



確認したところドコモポイントが1323ポイント残っていたので、ドコモ回線解約前にドコモポイントを消費しておくことにしました。


■解約前にドコモポイントをどう消費すべきか?


機種変更などでポイントを使う当てがない場合、ドコモポイントの消費にはdショッピングが無難だと思います。

日用品や食料品については、平均的にはAmazonLOHACOより多少高い程度のようです。パスタ等一部Amazonより安い商品もありました。

ドコモポイント分だけだと送料無料になる金額に到達しなかったので、少し金額を足して食料品や日用品を購入してポイント消費を行いました。



dポイント完全移行後はポイント消費の悩みもなくなると思いますが、ドコモポイントの消費に悩んでいるならdショッピングのサイトは確認したほうがいいと思います。



2016年1月26日火曜日

au iPhone6をMNP一括0円さらに47,000円キャッシュバック相当で購入しました

以前の記事

knakaガジェット情報: ドコモ2年縛り最後の2か月の料金を安くする裏技?を試してみた。2,500円ほど安くなる見込みです

で紹介した2015年11月に2年縛りが終了するF-06Eの回線。

そのまま解約してもよかったのですが、結局au iPhone6にMNPしまして、一括0円かつ47,000円分のキャッシュバックを頂きました。

ケータイショップ等ではなく家電量販店ケーズデンキでの購入としては結構大きい金額だと思いますので、少し古い話ですがご紹介です。


■35,000円分は商品券プレゼント


47,000円のうち35,000円は商品券(JTB NICE GIFT)プレゼントでした。


内訳は以下の通り。


  • 20,000円(auクーポン分)
  • 10,000円(下取り分)
  • 5,000円(ケーズデンキ独自)

■auクーポン


auクーポンというのは、以前

knakaガジェット情報: auスマートフォン20,000円割引クーポンが送られてきました

でも紹介したもので、auからMNPした人を対象に定期的に送られてくるようです。


■下取り分


下取り分の10,000円は、MNP時に他社のスマートフォンやガラケーを下取りしてもらえるものです。

基本的に電源ONで画面が表示されればOKのようで、私は以前中古で購入したP-01D(USBのフタが破損したもの)を10,000円で買い取ってもらえました。

knakaガジェット情報: BB.exciteとP-01Dでテザリングを試してみた

普通にP-01Dを売却してもおそらく数百円とかだと思います。なので下取りキャンペーンはうまく利用すべきです。

上記及びケーズデンキ独自の5,000円分を合わせた商品券が1月中旬ごろ送られてきました。



■残りの12,000円分はau WALLETへのキャッシュバック


さらにauにかえる割スーパーの特典も受けることができました。
基本的に毎月の料金から割り引くか、au WALLETプリペイドカードにキャッシュバックのいずれかを選ぶことになるのですが、LTEプランの場合、割引合計額はほぼ同じでしたので、早めに一括でもらえるau WALLETへのキャッシュバックを選びました。

ちなみに、au WALLETは新たに作る必要はなく、以前作っていたau WALLETプリペイドカード

(参考記事)
SEの節約投資日記: au WALLETへじぶん銀行からのチャージで4ヶ月で18,250円実質キャッシュバックされました

へのキャッシュバックも可能でした。(au IDの紐づけ設定が必要)



■MNP購入サポート特約により、1年以内の解約は違約金が必要


今回のキャッシュバックを受けるためには以前紹介した「MNP購入サポート特約」に加入する必要がありました。

knakaガジェット情報: au「MNP購入サポート特約」の提供条件書をもらった。即解約は2~3万円のサポート解除料です

1年以内の解約には違約金を取られるため、最低12か月はパケット契約を継続するつもりですが、LTEプランの場合、毎月割とauスマートバリューを組み合わせても月最低4,500円くらいは取られるようです。



2016年1月20日水曜日

Edyオートチャージ設定を自宅で行う手順を紹介。150円もらえるキャンペーンもあります

https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/p/enavi/include/campaign/detail/132152/detail.html

にてEdyオートチャージでもれなく150円分の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施していることもあり、自宅PCでEdy機能付き楽天カードのEdyオートチャージ設定を行いましたので、手順を紹介します。



■Edyオートチャージ設定手順



楽天Edyのサイト
http://edy.rakuten.co.jp/
にアクセスします。
なお、SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) USB対応 RC-S380等のカードリーダーに対応したブラウザ(Internet Explorer等)でアクセスする必要があります。


オートチャージのメニューをクリック




オートチャージの金額を設定し、カード裏面の下3桁の数値を入力します。
ここでは1000円以下になったら3000円チャージする設定としました。

残念ながら現時点でオートチャージが可能なのはファミリーマートのみのようです。 ファミマ以外の店舗ではオートチャージ設定があってもオートチャージされませんので注意です。



画面でも表示されている通り、まだEdyオートチャージ設定は完了してません。

ちなみに現時点での設定内容を確認すると以下の通りとなります。


カード内には古い内容が残っており、先ほど設定した内容(1000円以下なら3000円チャージ)はカードに設定反映待ちの状態になっています。


上記の設定反映待ち内容をEdyカードに読み込ませる必要があります。

カードリーダー上にEdy機能付きの楽天カードをセットし、「準備完了」をクリックします。

以上で設定内容がカードに登録されました。


あらためて確認してもカードに設定内容が反映されていることがわかります。



以上、Edy機能付き楽天カードのオートチャージの設定方法を紹介しました。現状ファミリーマートでしかオートチャージされない等、ファミマのヘビーユーザー以外はまだまだ使いづらいオートチャージですが、今回のキャンペーンを機会にEdy機能付き楽天カードのEdyオートチャージを試してみてはいかがでしょうか。


なお、上記のEdyチャージ設定には以下のカードリーダーを使ってます。


e-Taxにも使える定番のカードリーダーです。

2016年1月16日土曜日

キャンペーン利用でmineo5回線(月15GB)を格安で契約中です

以前、mineoのキャンペーン


回線契約時の事務手数料(3,000円)が無料
knakaガジェット情報: mineo1周年キャンペーンは6月末まで。au、docomo間パケットシェアお試しに使えそう


ドコモプラン6ヶ月(+α)×800円割引
knakaガジェット情報: 【mineo】ドコモ回線プランスタート記念キャンペーン発表!先行予約で実質9ヶ月間無料で使えるかも

を紹介しました。

このキャンペーンを生かしてmineo5回線を格安で契約しましたのでご紹介です。


■mineo5回線を月1,144円で維持



元々契約していたmineo au回線(3Gコース)は月920円



キャンペーンを利用して契約した残りの4回線(docomo×3、au×1)はそれぞれ月56円



トータルで
920円+56円×4=1144円

上記キャンペーンにより新規回線契約の手数料も無料ですし、元々mineoは解約手数料も無料になりましたので、月額1144円の支払いのみでキャンペーン期間中は月15GBのモバイルデータ通信が可能になりました。



更に回線間のパケットシェアを組むことで前月繰り越し分は複数回線間で共有できるため、上記の通り1回線で多くの容量を使うことも可能です。


■元々の回線を解約して更に格安で4回線を維持予定です


今後の予定ですが、920円かかっている元々のau回線は解約する予定です。
すると残りの格安4回線(12GB)を月224円で維持できることになるはずなので、キャンペーン期間中は維持しようと思ってます。