2017年11月19日日曜日

LG大画面4Kモニター43UD79-B購入とファーストインプレッション

メインPCとしてLAVIE Hybrid ZERO PC-HZ750Bをしばらく使っていたのですが、

knakaガジェット情報: LAVIE Hybrid ZERO PC-HZ750BABをビックカメラで注文してみた。今なら33,000円以上のポイント還元の見込です

久々にメインPCとしてデスクトップPCとモニターを新調しました。

本記事では購入したLG大画面4KモニターLG 43UD79-Bのファーストインプレッションをメモしておきます。

いざ開封です





付属品一覧はこんな感じ。

なにしろ42.5インチという巨大モニターです。開封前にモニターを下向きに置ける組み立て用の作業スペースを確保しておかないとハマります。私はベットの上で組み立て作業を行いました。

台の取り付け作業自体はドライバー一本で台を取り付けるだけの簡単な作業でした。


デフォルトの設定ではちょっと明るすぎたので適当に明るさとかをいじってます。

付属スピーカーも結構いい音


私はPCに別途アンプとスピーカーを接続するので使う予定はないのですが、モニター付属のスピーカーも結構いい音で鳴りますね。あえて外付けの安価なUSBスピーカーを接続する必要はないと思います。


42.5インチでも意外と普通に使えます


既に24インチのフルHD液晶モニター

を持ってたので、もう一台購入してマルチモニター環境にすることも考えました。モニターを2つ横に並べるよりは横幅も狭くなりますし、どうせ買うなら4Kにしたい。4Kで24インチだと逆に小さすぎて4Kを生かせないかと思い、LG大画面4KモニターLG 43UD79-Bを選んでみました。
PC用のモニターとして42.5インチはデカすぎるという人もいると思いますが、今のところ特に違和感を感じることなく使えてます。
ちなみにスケーリングはデフォルトの150%ではなく125%で使ってます。



2017年11月12日日曜日

SU-XR57 HDMI接続で192kHz音源が通るかは環境次第のようです

記事にしたのは最近なのですが、

PCオーディオ用アンプとしてPanasonic SU-XR57を購入してみた

Panasonic SU-XR57をPCオーディオ用のアンプとしてしばらく使用中です。

上記記事でHDMI接続でも192kHzの音源が再生できている旨書いたのですが、環境によってはやはりマニュアルに記載されている通り、HDMIでは96kHzまでの音源しか通らない場合もあるようです。

メインのPCをLAVIE ZERO HZ750BABから、TsukumoのBTOデスクトップPCに変更し、
RADEON RX 470グラボのHDMIケーブル経由に接続したところ96kHzまでの音源しか再生できないようになってしまいました。

マニュアルの記載通りなので、まあしょうがありません。そもそも192kHzの音源を持っているわけではなくfoobar2000でアップサンプリングするだけなので、まあ96kHzまででもいいんですが(そもそも聴き分けられるかも微妙ですし)。せっかくPCをデスクトップに変更してCPUリソースも余りまくってるので、PCオーディオでも可能な限りアップサンプリングしたいんですよね。


2017年11月10日金曜日

Panasonic SU-XR57と1080pディスプレイとの共存を考える

先日、PCオーディオ用に購入したフルデジタルアンプPanasonic SU-XR57
http://gadget.knaka00.com/2017/11/pcpanasonic-su-xr57.html

HDMIケーブル一本でPCとアンプを接続可能です。仕様ではないみたいですが私の環境では192kHzの音源を再生できてます。


FHDディスプレイとの共存は?


ただノートPCなどは通常HDMI端子は1つしかないので、アンプ接続に使ってしまうと外部ディスプレイに接続できないのがつらいところ。一応アンプにもHDMI出力はあるんですが、古いアンプのため1080p接続は不可で、1080iか1280x720接続になってしまいます。今時のディスプレイは大抵1080p以上なので、ディスプレイの能力が発揮できません。


HDMIオーディオ分離器を買ってみたものの…


なんとか1080pで接続できないかと、

こういうHDMIオーディオ分離器を購入して、

  • HDMIをディスプレイ
  • 分離したSPDIFをSU-XR57

に接続してみたのですが、再生デバイスはあくまでディスプレイ側になるようで、音声のサンプルレートも48kHzに下がってしまいました。
残念ながら、ディスプレイとXR57を1つのHDMIで能力フル発揮させるのは難しいようです。


とりあえず音質優先で行きます


とりあえずは音質を優先したいということで、現状のメインPC(LAVIE Hybrid ZERO HZ750/BAB)からHDMIでPanasonic SU-XR5に接続、アンプのHDMI出力から液晶ディスプレイに1280x720接続で運用していく予定です。





2017年11月9日木曜日

PCオーディオ用アンプとしてPanasonic SU-XR57を購入してみた

PCオーディオ用のアンプとしていにしえの名機?Panasonic SU-XR57を購入してみました。

なぜSU-XR57を購入したか?

PC用のアンプに高い金をつぎ込むつもりはなかったので、当初は安い中華アンプでも買おうかと思ってたのですが、偶々ソフマップでPanasonic SU-XR57の中古を1万円ちょっとで売っているのを発見。
調べてみると十数年前のAVアンプながらフルデジタルで音もよいらしい、ということで購入してみた次第です。

とりあえず手持ちのノートPC(LAVIE ZERO HZ750BAB)とHDMI接続し、スピーカーはこれまた昔から使い続けているBOSEの505WBで使ってます。

foobar2000で192kHzにアップサンプリングして聴いてます。マニュアルには同軸接続のみ192kHz対応とありますが、私の環境だとHDMIでも192kHzと表示されて問題なく再生されてますね。

フルデジタルっぽい?と言っていいのか解像感のある素直な音の印象で結構気に入ってます。当面本アンプを使い続けるつもりです。



2017年10月15日日曜日

PioneerプリメインアンプA-70DAを購入してみた

久しくYAMAHAのAVアンプ(RX-V771→RX-A1060)を使ってきて、音楽もAVアンプで聴いていたのですが、久々にオーディオ用のプリメインアンプも使ってみたくなりました。

最近はChromecast audio やPanasonic DMP-UB90のネットワークオーディオ機能等のデジタルソースで音楽を聴くことがほとんどだったので、デジタル入力を持ったプリメインアンプを調べてみると、定価20万円越えのパイオニア A-70DA が現行バージョンにもかかわらず、半額近くまで値を下げている模様。

パイオニア A-70DA はパワーアンプダイレクト入力もついていてRX-A1060のフロントのパワーアンプも兼ねることができます。いわゆるデジタルアンプというところにも興味があったので、購入してみました。



AVアンプで音楽を聴くのも悪くないと思っていたのですが、やっぱり2chの音楽はプリメインアンプのほうが一枚上手ですね。Chromecast audio経由でGoogle Play Musicの圧縮音源でも私の耳なら十分楽しめます。

またRX-A1060のフロントスピーカーもパイオニア A-70DA を経由することで迫力が増した気がします。

パイオニア A-70DA はUSB-DACでPCとも接続できますので、先日紹介したIntel NUC BOXNUC6CAYHと接続して、foobar2000でPCオーディオも試しているのですが、こちらもアップサンプリングなど色々楽しめそうです。





2017年10月8日日曜日

BROTHERのFAX複合機 MFC-J6970CDWをブックオフで売却した

以前購入したBROTHERのFAX複合機 MFC-J6970CDW

FAX複合機BROTHERのMFC-J6970CDW購入レビュー

引越しなどでメインFAX複合機の座をPRIVIO MFC-J890DNに譲ったこともあり、

eo光電話&brother PRIVIO MFC-J890DNでFAX使えてます

MFC-J6970CDWを使うことがなくなってしまったのでブックオフで売ってきました。


売値は9000円で、たまたま割り増し日だったようでトータル10,800円でした。

まあ使い道がなかったので、それなりの値段で売れてよかったです。

2017年10月7日土曜日

INTEL NUC NUC6CAYS購入

オーディオ用のPCが欲しくなり、Intel NUC Celeron搭載 小型PCベアボーン 2.5インチ SSD/HDD対応 BOXNUC6CAYHを購入してみました。

あくまでオーディオ用の利用で高スペックなものは必要なかったので、最初は2,3万円の中古のノートPCを購入しようと思い検索。値段的にはThinkPad X230


とか、レッツノートなどが面白いかと思ったのですが、どうもこのあたりの中古のノートPCはファンがうるさいっぽい。オーディオPCとしてはいまいち化と思い断念。

新品ならドスパラのAltair VH-AD3Lが3万円台でファンレス。これでもよかったのですが、INTEL NUC NUC6CAYSだとHDMI2.0対応。これだと手持ちの4KテレビREGZA Z700Xに4K60pで接続できるので、Intel NUC BOXNUC6CAYHにしました。ファンレスでないのが一抹の不安なのですが、検索する限りはよほど負荷が上がらないとうるさくならないようなので。

ベアボーンではなく、Windows 10プリインストール版を購入したので、電源ONですぐOSインストールが始まり、使えるようになりました。

ちなみに購入時の32GBのパーティション使用状況はこんな感じです。


とりあえず、空き領域が17GBほどありました。


回復ドライブ作成に3時間かかる


まずは、いざというときに元に戻せるようにUSBメモリ内に回復ドライブを作成。よく考えると、Windows 10プリインストール機で回復ドライブを作成するのは初めてなのですが、やたら時間がかかります。Windows 10で回復ドライブの方式が変わったみたいなのですが、そのせいなんですかね。3時間くらいかかってしまいました。

メモリ8GBに増設

値段も7000円程度だったので、メモリは8GBに増設しておきました。

以下のキングストンのメモリを購入し、とりあえず問題なく動作しているようです。

これから、オーディオPC用に色々設定していこうと思います。