2014年7月16日水曜日

ゆうちょダイレクトのトークンが1ヶ月で到着も当分使うことはなさそう

knakaガジェット情報: ゆうちょダイレクトのトークン(ワンタイムパスワード生成機)を申し込んでみた

上記記事で、申し込んでいたゆうちょダイレクトのトークン(ワンタイムパスワード生成機)がようやく到着しました。

申し込みから1ヶ月弱かかっての到着です。


■第一印象は思ったより小さい!


キャッシュカードと比較するとサイズ感がわかると思いますが、第一印象としては思ったよりトークンは小さいです。無くさないように注意しないと、という感じです。



■まずはトークンの正常動作かくにん!


トークンを使うには、付属の説明書に従い登録作業が必要。登録時にワンタイムパスワードの入力が要求され、無事登録完了。時刻同期等、正常に動作しているようです。


■ログインにはトークンは使えません


ゆうちょダイレクトのサイトによると、トークンによるワンタイムパスワード認証が必要なのは

■ゆうちょ銀行あて振替
■他金融機関あて振込
■WEB連動振替決済サービス
■税金・各種料金の払込み
■トークンの時刻の同期

とのこと。

ゆうちょダイレクトのログイン時にもワンタイムパスワードでサクッとログインできれば便利だと思ったんですが、ログインは従来通り通常のパスワード入力が必要です。


■当面トークンを使う場面はなさそう


ゆうちょダイレクトは他行への振込手数料がかかります。

knakaガジェット情報: 新生銀行の2週間満期預金を紹介

knakaガジェット情報: 「プレミアムバンク for au」スタート!au ID登録と振込手数料0円を試してみた

私の場合、上記記事で紹介したような他行振込が原則無料のネット銀行口座を持ってるので、ゆうちょダイレクトから振り込むことは多分ないんですよね。

当分トークンを使う場面はなさそうです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Ads by 忍者AdMax