2015年11月5日木曜日

ドコモ2年縛り最後の2か月の料金を安くする裏技?を試してみた。2,500円ほど安くなる見込みです

2013年10月にauからのMNPで契約したドコモ回線。

(参考)
knakaガジェット情報: ARROWS NX F-06EをMNP一括14760円+データプランライト割で月額維持費1200円弱で契約した

この契約からまもなく2年になるのですが、ドコモの場合は月々サポートの終了月と解約料がかからない解約月が2か月ずれるため、2年縛りの最後の2か月の月額料金が高額になるという罠があります。

ネット情報などでは結構有名なようですが、データプランの契約を旧プラン(Xiデータプランフラット)から新プランに変更することで、2年縛りの最後の2か月の料金を少し安くする技があります。実際に試してみましたので紹介したいと思います。


■普通に解約月に解約する場合


私の場合、普通に11月で解約した場合、

2015年10月:4,398円
2015年11月:5,920円(SPモードは解約、解約月はプラスXi割は適用されない)

で合計10,318円となります。





■新プランのデータプランに契約変更することで2,500円ほど安くなります


新プランのデータプラン(スマホ)に契約変更することで

2015年10月:5,909円
2015年11月:1,838円

で合計7,747円となり、2,500円ほど支払額が安くなるようです。





10月はプラン変更によりプラスXi割が適用されないのと、パケット定額が必須(パケットをつけないと解約前プランの料金支払いが必要となる)のため、月額料金がかえって高くなります。
一方プラン変更により11月の解約月はパケット定額を外せるのがミソで、2か月合計では料金が2,500円ほど安くなるわけです。

当然ですがパケットを外すので11月はデータ通信はできない点は注意してください。
私は11月はmineoのドコモSIMでしのぐ予定です。

解約月はデータ通信しない方は、少しでも料金を安くするために、この方法は検討する価値ありだと思います。


Ads by 忍者AdMax

0 件のコメント:

コメントを投稿