2013年12月17日火曜日

auひかりからNTT東日本のフレッツ光(Yahoo! BB 光 with フレッツ)にインターネット契約を変更

マンションタイプの光回線としてauひかりを利用していたが、キャンペーンが終了し月額料金が上がったこともあり、光回線乗り換えを検討していた。
そんな折、ヤマダ電機で55000円キャッシュバックの条件でNTT東日本のフレッツ光(Yahoo! BB 光 with フレッツ)を勧められた。これはいい機会と思い9月末に契約した。当然au光は解約。
なお、キャッシュバックの支払日は開通日の翌月ということで11月中旬とのこと


■大量のオプション契約

高額キャッシュバックの条件として、大量のオプション契約を求められた。話を聞いてみると、大半は無料期間があり、使わないなら解約しても問題無いとのこと。キャッシュバックの前提となり契約したオプションは以下のとおり。

フレッツ光
  • ひかり電話A
  • ひかり電話ルーター
Yahoo! BB 光 with フレッツ
  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • BBサポートワイドサービス
  • BBセキュリティ
  • BBソフト
  • BBマルシェ
  • BBお掃除&レスキュー
  • BBライフ
  • BBライフ ホームドクター
全部契約すると月6000円以上余計にかかることになる。当然使わないオプションは解約した。
ただし、BBライフは月500円で毎月映画半額チケットがもらえたりするようなので、しばらく契約してみることにした。
なお、上記の通りオプションはほとんど解約したが、キャッシュバックは無事もらうことが出来た。

■光BBユニットとは?

光電話ルーター、光BBユニットはいずれもルーター機能を持っている。既にWi-Fiルーターは所有していたため、ルーターが3台並ぶ異常事態に。
左から、光電話ルーター、光BBユニット、元々持ってたWiFiルーター(NECのWR8750N)
契約時はひかり電話を利用するため、光電話ルーターがルーターの役割を担う。光BBユニットにはYahooBBのプロバイダに接続するためのアカウント情報が予め入っているため、特に設定の必要なく、LANケーブルを接続するだけでインターネットに接続できた。

ひかり電話を解約すると、遠隔操作?で自動的にNTTの光電話ルーターのルーター機能はOFFになり、単なるモデムの役割しか果たさなくなり、光BBユニットがルーターの役割を果たすことになる。

なお元々のWiFiルーターにアカウントを設定することでインターネット接続が可能なため、光BBユニットは必ずしも必要ではなく、本来はレンタル料金を払う必要もない。ただ光BBユニットを経由することでIPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4が利用できるのと、基本料金無料のBBフォンにFAXを接続することを検討しているため、今のところ光BBユニットは残している。

■IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4

上記のように、光BBユニットを経由するとIPv6ハイブリット環境になり、理論上は下り最大1Gbps出るケースも有るようだ。残念ながら、うちの環境では下り速度は殆ど変わらなかったが、上がり速度は高速ハイブリットのほうが速度が出ている(調子いいと70Mbps以上)。BBユニットなしだと当然そこまでは出ない。

ネット上では色々悪評もあるYahoo! BBですが、個人的には結構満足しています。

Ads by 忍者AdMax